<< 7月の営業時間とおやすみのお知らせ | main | harumi NYから、素敵なアクセサリー、届きました。そして、少し嬉しいお知らせも! >>
2017.07.05 Wednesday

陶の家

0

    おもいたって、かみのやま。

     

    しばらく前になりますが、生活に疲れたアブコ、人生初の、女一人旅に出ました。

    って、海外はひとりで平気でいっちゃうのですが、国内は初めてだったのです。自分でも意外でビックリ。

     

    ひきよせられるように向かった山形県。

     

    なんとなく訪れた、かみのやま温泉のほどちかく。

     

    そこで出会った、てのひらの上にいくつも乗るくらい。

    ちいさなちいさな、「陶の家」と名付けられた素敵なおうちたち。

     

     

    IMG_4813.JPG

     

    アブコに、連れて帰ってきました。

     

     

     

     

           *       *       *

     

     

    4月の、まだ少し肌寒い朝。

    曇り空が広がる山形空港に、ドキドキしながら降り立ちました。

    飛行機に合わせた時間に待っててくれる、便利なシャトルバスに乗って、山形市内へ。

     

    まだお店が開くよりも早い時間だったので、駅前のミスドでガイドブックを開いて下調べ。

    (アブコの近くにはミスドがなくて、逆に貴重なのです。)

     

    ふむふむ。

    ここから歩いて行ける範囲で、朝早くから開いてて、アブコが大好きなモノが・・・。

     

     

    あった!!!

     

     

    そ・れ・は♡

     

    THE☆酒蔵♪♪

     

    さすが山形。

    たくさんの日本酒メーカーさんがあって、その中でも、「男山酒造」ってところが歩いて行けて、朝早くからやってるみたい。

     

    これはもう、絶対外せない。

     

    というわけで、ミスタードーナッツを背に、3ブロック程右にまっすぐ、左折してから2ブロックほど進むと・・・。

     

    目の前に、おっきい「男山」の文字が。

    しっかりとして、凛とした門がまえにすこしドキドキしながら、入るか入らないか迷った挙句・・・。

     

    ヘタレなアブコは、門の端から中をちろっと覗いて、

    「うーん、またにしよう」

    と、退散。

     

    しかも、写真も撮り忘れちゃった。

     

    かわりに、道すがらにみつけた神社の脇に佇んでいた、シュールな子たち。

     

    image1 (1).JPG

     

    さてさて、酒蔵は諦め、ぐるっとあるいていると、おそうめんの工場や、お味噌屋さん、

    のし梅のお店にかわいい雑貨屋さんなど、偶然選んだ道が、すっごくオオアタリなルートだったみたい!

     

    その雑貨屋さんで、陶器で出来たとてもかわいいおうちを見つけて、思わず購入。

    そこに置いてあった、作家さんのお名刺も一緒に頂きました。

     

    住所を見てみたら、泊まるお宿と同じかみのやま市になってて、なんか、偶然の連続に、勝手に運命を感じました。

     

    次の日、開いているかどうかお電話で確認して、いってみました。

     

     

     

           *       *       *

     

     

     

    まだ、さくらんぼには程早く、お花すら咲いていない桜の木々を片目に、

    山道を2キロほど上ったところに、その窯はあります。

    乗せて行ってくれたタクシーのおじさんも、「桜が咲くまであと2週間くらいかなぁ」って、残念。

    でも、遠くに眺める蔵王はとても新鮮で、その空気を感じられただけでも来た甲斐があったな。

     

     

    秋之野窯、と書いて、「あきしのかま」と読みます。

     

    IMG_4832.JPG

     

    この、かわいいおうちのなかに、もっともっとかわいい、陶器のおうちたちがひそんでいるのです。

     

    ご夫婦と、その娘さん夫婦の4人でされている、愛情たっぷりの窯。

    そして、この「陶の家」は、ご主人(お父様)がひとつひとつ、手作りされている作品なのです。

     

    IMG_4815.JPG

     

    どれも完璧にかわいくて、どの子たちを連れて帰るか、すっごく真剣に悩みました。

     

    IMG_4814.JPG

     

    選びに選び抜いた79個の小さいおうちたち。

     

    届けてもらったのはもう2ヶ月近くも前なのに、なかなかゆっくり並べることが出来なくって。

    せっかくだったら、落ち着いて、ちゃんとデビューさせてあげたかったのです。

    買い付けも終わり、ニューヨークフェアも終わり、またまた弾丸ニューヨークの旅から戻り、

    藤井大丸勤務も落ち着いた7月!!

    ようやく、アブコに並びました。

     

    久しぶりに包みを開いて触れる「陶の家」は、相変わらずとってもかわいくて、

    あぁ〜、おかえり、なのか、いらっしゃい、なのか、いってらっしゃい、なのか、

    なんともいえないあったかい気持ちが心の中から溢れてきました。

     

    これだけお待たせしときながらなんなのですが、早く出会いに来て下さいね。

     

     

    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Latest Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM