<< Happy Halloween! 2017♪♪ | main | Marv Graffと読み解くシンデレラ♪ その1 >>
2017.10.18 Wednesday

秋ですが・・・。透きとおった美しいガラスはいかがですか?

0

    暑かった夏がようやく終わり、秋の匂いがしてきた今日この頃。

     

    先週は夏日が続いたけど、今週に入ってすっかり秋の気配。

    秋、どころか、冬の匂いまでしてきそうな、朝夕の寒さがちょっとここちいい毎日です。

     

    先月、買い付けと、珍しく?マジメに打ち合わせで3泊5日で出かけた弾丸フィンランドの旅でも、街はすっかり紅葉していました。

    (このお話は、また今度♪)

     

     

    リーヒマキのグラスミュージアムのカフェの壁にはうツタも、真っ赤に色づいてきれいでした。

     

     

     

    フィスカルスで見かけた花壇も、すっかり秋に色づいて・・・・って、これは・・・たぶん違う・・・。。

     

     

    でも、かわいかったです♪

     

     

    さてさて、話を少し戻して・・・。

     

     

    ご存知の方も多いかと思いますが、iiivkoは実は、ガラスが大好き。

    北欧デザインにハマったきっかけも、オイバ・トイッカのカステヘルミに出会ってからなのです。

    ツブツブの羅列がこんなに美しいなんて、そして、出会ってから10年以上たってもまだ、こんなに好きだなんて。

    本当にいつ見ても美しいし、全然飽きないし、何にでも使えるし。

     

     

    そう、ガラスの美しさは、夏だけの、短い命じゃないのです。

     

     

    ちょっと寒いときは、紅茶とあまいもので、ほっと一息♪

     

    IMG_8547.JPG

     

    カステヘルミのコースターは、豆皿にピッタリの、ちょうどいいサイズ。

    復刻版は10.5cmだけど、ビンテージは7cmだから、チョコやメレンゲを置いたら、盛りだくさんな感じになって、少し嬉しい。

    カップは小ぶりだから、ティーポットに入れた紅茶をゆっくり楽しめます、って、わたしは手抜きのティーバッグだけど。

     

     

    急の来客にも、戸棚に眠っていたティーバッグとシュガーをちょっと工夫して出すだけで、こんなにパーティー仕様に仕上がります。

     

    IMG_8594.JPG

     

    1930年代にアメリカで生まれたディプレッショングラスは、時代を超えて愛されるデザイン。

    べっ甲あめでできたようなアンバーカラーは、見ているだけで美味しそうです。

    「マドリッド」という勇敢な名前がつけられたシリーズは、よく見るとマタドールの髭みたいでほほえましい。

    実は、アンバーはアメリカではあんまり人気がないみたい。こんなにシックで素敵なのにね。

    アメリカでは、もっと派手だったり、カワイイ!ってデザインのほうが人気みたいです。

     

     

    喉が痛くなっちゃう前に、あまーいハチミツ紅茶はいかがですか。

     

    IMG_8592.JPG

     

    少なめだけど、濃くて、甘くて、もし出来たら、すりおろしたジンジャーを入れたら、完璧です。

    風邪予防だってバッチリ!もし風邪をひいてても、一発でふっ飛ばしちゃえる、魔法のドリンクです。

     

    実は、おろし金がスプーンの表面についた、個人的21世紀の発明ベスト10に入る素晴らしいグッズがあるのですが

    混ぜるときは、かわいく仕上げたいから、フィンランドで見つけたビンテージのスプーンを使いました。

    でもでも、めんどくさい日は、おろし金付スプーンでまぜちゃいます。まぜまぜ。

     

     

    ちょっとコバラが空いたときは、スープとクッキーで楽しみましょう♪

     

    IMG_8627.JPG

     

    オイバ・トイッカがデザインしたツンドラは、1971-72年の2年間だけしか製造されなかった、ヒミツのシリーズ。

    カステヘルミみたいに、復刻もされていなければ、当時もクリアーだけのシンプルなシリーズでした。

    クリアーのガラスに、雪の結晶のような6種類のパターンが浮き出ている、かわいいデザインです。

     

    ボウルは、ヨーロッパのデザインにしては珍しい、小鉢サイズ。

    日本では、豆皿と小鉢は毎日の食卓の必須アイテムですが、ヨーロッパでは全然使う事が無いから、需要が無い。

    存在自体、ないのです。(デザートボウルはあるけどね。)

    だから、シュガーボウルを小鉢かわりにしたり、コースターを豆皿かわりにしたりするのですが、

    このツンドラのミニボウルは、THE☆小鉢サイズ!

    かわいいだけじゃなくって、本当に便利なのです。

     

    プレートの上に乗せたら、即席ワンプレートおやつの出来上がり♪

    ちょっと、気分が上がります。

     

     

    ね?

     

     

    寒い日だって、大活躍でしょ、ガラスたち。

     

    もちろん、ガラスは涼しげだから、夏のおそうめんやかき氷に、ぴったりです。

    ガラスのコップで飲み干す麦茶は、最高だし。

     

    でも、だからって、夏だけ!って限定してしまうのは、もったいない。

     

    と、ブラウンのカステヘルミのボウルに入れた丹波の黒豆をつまみながら、クリアーのフルッタでワインを飲みつつ

    ミランダに入れたチョコレートが苦すぎて残ったままだけど、ツンドラのプレートに載せたチーズとレバーパテはほとんど完食♪

     

    ガラスはいいよね。

    手抜きなのに、すっごく豪華な気分になれるし。

     

    ガラスはいいよね。

    ダイエットには、向いてないけど。

     

    うーん、

    やっぱり、秋、ですね。

     

     

    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Latest Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM